2009年09月22日

9/22

シルバーウィークの後半、帰鹿しました。
1年ぶりぐらい?半年?
いつぶりかも覚えていません。

今更ですがご報告。


まず、22日。
着いたのが5時過ぎくらいだったでしょうか。
研究室メンバと一緒だったので、まず一番に飼育棟へ。

懐かしい面子と顔合わせをして、感動!と思いきや、
お前誰だ誰だ、と、だいたい識別できない…ヤギ達よ。すまん。

山羊房は、研究の状況や個体の状態から、よく移動交代させるので
みんな特に決まった場所がありません。
私が卒業後に生まれた子山羊がもう大きくなって、
あぁ、可愛かったあの子やあの子は、もう、、
どれ?どれ?状態。
夕方の飼育棟は暗いので撮影を断念。

と思っていると、今年生まれの一押し!を連れ出してくれました。
その名も、ぴょん太。
カエルか。

ぴょん太、ぴょん太。はいはい。

ぴょん太

ピントズレまくりの騒がしい子です。
すぐに、クサく、モサくなりそうだなぁ!(訳:大きくなりそうだなぁ!)

そして、バタバタする子を写真に収めようとし、
結果が

ぴょん太

こちら。山羊だって白目むく。

その後、一人で水田へ向かい、一面の稲の香りを堪能。

学内水田

今年もまたうちの研究室は、1/3スペース?で、黒米を作ったようです。

畦畔のヤギ達を探すと、なんと、山羊スペースの縮小…
そして、ガチョウガチョウガチョウ!
ガチョウの画像はありませんが、ガチョウがわんさかいました。

やっと探し当てた山羊スペースには、1頭のトカラが。
畦畔山羊1頭。時代は変わります。

このトカラ、私が近づくとダッシュで小屋の裏へ逃げました。

誰だ

…えーと。

誰だ


誰だ

お互い、"誰だ?"状態。


なんか、逃げられるしぃ、なんだよ、感じわるーい!
と、飼育棟へ戻って告げると、水田の子は"美島"とのこと。
あ、私の山羊ですね。えへ。(『絶景』にちょっと写ってる)
いまだ変わらずダッシュ逃げを披露してくれました。ありがとう。
そして、ごめんな!
【関連する記事】
posted by 8 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129395300

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。